デニス・植野、中居正広に救われた一言を明かす

4月11日のGyao!「よしログ」にて、お笑いコンビ・デニスの植野行雄さんが中居正広くんに関するエピソードを披露しました。

かつて「笑っていいとも!」の増刊号レギュラーもつとめたことのあるデニス。日本人とブラジル人のハーフというキャラクターも人気の植野さんが、中居くんにまつわるこんな話を明かしたのです。

「僕らって、(芸歴)2年目ぐらいで『いいとも』やってたりとかしたから、中居さんとかSMAPの方とかと結構関わらせてもらってた。そんときに一回、中居さんの番組に出た時に。“お酒大好き芸能人”みたいな括りで、芸人は俺一人だけで。中居さんとか、他のお酒好きなタレント、モデルさんとかで皆でお酒飲むってなったんですよ」

中居くんの番組で、お酒を飲みながら収録する機会があったのだそう。

「俺、その収録のあとが単独(ライブ)やったんですよ。お酒バーッて飲んで楽しくやってたんですけど。やっぱり、芸人俺一人やし、緊張というか。なんか、あんまり上手くいかなくなってたんですよね。タレントのモデルの人とか結構ブッ飛んでて。なんか、あんまり入り込めなくて」

収録のあとに単独ライブを控えていたという植野さんは、そのことによる緊張もあって、なかなか思うように収録に参加できていないと感じたとのこと。

「“あ~、あかんな~”と思って。で、『一回休憩です』ってなって、皆お酒飲んでるからトイレにも行きたくなるので。トイレにファッと行ったら、中居さんも来て。二人、トイレしながら『中居さん。今日、すいません』みたいに言ったの。『ちょっと、あんまり上手くいってなくて』って。そしたら、中居さん『いいよ。お前がいてくれるだけで、場が明るくなるからさ』って言ってくれて」

中居くんから、“いてくれるだけで盛り上がるから、気にしなくていい”という温かい言葉をかけられたという植野さん。

中居くんの一言に助けられたというエピソードだったのでした。

【注目記事】

KAT-TUN亀梨和也、先輩・中居正広にまつわる禁断質問に回答

香取慎吾、中居正広と22日放送「スマステ」で生共演!「久々に会います」

木村拓哉が明石家さんまの付き人になった「さんタク」視聴率発表

Source: ジャニーズ最新情報。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする